Japan A cappella Movementとは"JAM"の愛称で親しまれている、
日本最大級のアカペラストリートイベントです。
1999年に大学生や社会人の有志を中心に企画されて以来毎年行われ、
例年2000人を超えるお客様にご来場いただいています。
JAMではジャンルを問わず全国からアカペラバンドの応募を受け付け、
音源審査、実地審査の2度の審査を勝ち抜いたバンドがライブを行います。





出演バンドは学生・社会人を問わず一般から公募し、2度の審査を経て決定いたします。

JAMでは
「アカペラの楽しさ、素晴らしさといった魅力を多くの人々に伝える」
という理念を持って活動を行っています。
JAMを通して、出演者、観客、スタッフなど関わった全ての人が、
アカペラを通して一つに繋がれれば。私達はそんな思いでJAMを運営しています。
このような理念に賛同していただける方には是非スタッフや後援サークルとして、
または協賛企業として関わっていただけたらと思います。
スタッフ・後援サークル・協賛企業についてはContactよりお問い合わせください。

JAMは「アカペラの素晴らしさを生のライブで伝えたい」 という想いから、
有志の大学生により1999年に発足しました。

発足当初から変わらないこの理念を貫くため、
人通りの多い商業施設で入場観覧無料のストリートライブ形式で毎年開催しています。
アカペラを知らない人たちに少しでも興味を持っていただくための「アカペラの玄関口」であるとともに、
歌い手の皆さんが目指す「憧れのステージ」であり続けることを目標としています。

JAM2015としてはテーマを「想」としまして、
多くの人にアカペラという演奏方法を通してバンドごとの想いを伝えることをテーマとしました。
多くの演奏法が存在する中でアカペラを選び、
磨き上げてきた素晴らしい演奏、想いをJAMというステージを通してさまざまな人に届けたいと考えています。

JAMは、JAM2015で17回目の開催となります。これは多くの方のご支援があってのことです。
心より御礼申し上げます。また、今後ともご支援のほどお願いいたします。

Japan A cappella Movement 2015 プロデューサー 小石川航




Copyright © Japan Acappella Movement All Rights Reserved.